産地直送牛乳ができるまで
産地直送牛乳ができるまで
「永利牧場の牛乳」を安心して飲んでいただけるように、トレーサビリティシステムを導入し、製品の生産製造履歴を公開。

私たちが毎日検査しています!


朝夕1日2回の搾乳前に牛床を清掃
栄養たっぷりの粗飼料や配合飼料を給与


お乳を搾る前、乳房をきれいにふきあげます
ミルカーを取り付けます。牛のお乳はパイプランで衛生的にパルククーラーに集められます(搾乳は朝夕1日2回)

四季折々、牧草やトウモロコシを収穫
乳牛のストレス解消が、
おいしい牛乳が生まれる秘訣



当社は、厚生労働省のHACCPシステム(総合衛生管理製造過程)の承認を受けており、 工場では衛生面に細心の注意をはらい、みなさまに安全で安心な牛乳をお届けいたします。

1)受入
牧場でしぼった新鮮な牛乳をタンクローリーで工場へ搬入します
2)清浄化・冷却・殺菌・均質化
この新鮮な生の牛乳を殺菌します。 (成分調整・添加はいっさい行いません)





永利牛乳は衛生面に細心の注意をはらい、みなさまに安全で安心な牛乳をお届けいたします。



3)充填  生乳100%の牛乳を紙パックやビンにそれぞれのラインで充填します。
4)検査
出来あがった製品の成分や細菌数を厳重にチェックします。
5)冷蔵庫・出庫
冷蔵庫・出庫 10℃以下に保たれた冷蔵庫で一時保管の後、みなさまの元へお届けしております。