まきば便り

【2018年11月の記事】

【「永利牧場まつり2018」を開催いたしました】

2018年11月05日(月) 投稿者:管理者

皆様、こんにちは!

11月4日(日)に「永利牧場まつり2018」を開催いたしました。


天候にも恵まれ、爽やかな秋晴れの中、2,000名近いお客様に来場いただき大盛況のうちに終了いたしました。



永利牧場まつりは、普段弊社が見学等を通して行っている食育活動の集大成の場です。


  ● 酪農への理解(哺乳・搾乳・牛との触れ合い体験を通して)

  ● 牛乳への理解(味覚官能テストを通して牛乳とは何か?を知ってもらう)

  ● 牛乳・乳和食の普及活動(健康長寿を目指して)



● 酪農への理解(哺乳・搾乳・牛との触れ合い体験)


永利牧場は福岡県でも数少ない都市型酪農牧場です。


本物の牛を初めて見たという方もいらっしゃったのではないでしょうか?


牧場まつりで実際に牛を見て、触れて、温もりを感じ、

「牛乳って農産物だったんだ!」と、少しでも牛乳や酪農への理解につながれば社員一同嬉しく思います。


● 牛乳への理解(味覚官能テスト)

牛乳の異味異臭がテレビ・新聞等で取り沙汰される昨今、本来、飼料由来や季節による自然な風味変化を「異味異臭」として片付けられぬよう、『牛乳とは何かを知ってもらう活動』の一環として、当社が全社員を対象に年2回行っている官能パネラー認定テストの簡易版を体験して頂きました。


● 牛乳・乳和食の普及活動(健康長寿を目指して)

今後、更なる高齢化社会へ向かっていく日本。誰しも健康で長生きしたいものですよね。だけど、その為に美味しくない減塩食(高血圧)や糖分控えめな食事(糖尿病)を食べ続けるのも難しい。

【減塩できて、なおかつ、美味しい!】
それなら続けられる気がしませんか?

  そ れ が 乳 和 食(にゅうわしょく)で す!!  

つまり乳和食とは、塩や和食の出汁(だし)の代わりに牛乳を使うことで、減塩しながら美味しく食べられる調理法です。
年1回、牧場まつりの試食で食べて頂くだけでは勿体なさすぎる!皆様にもぜひご家庭で調理して頂きたい!との思いから、今回は【乳和食調理実演】を充実させました。


実際に調理の様子を見て頂き、どれほど簡単か(男性の私でも簡単に調理が出来るほど)を多少は皆様にお伝え出来たかと思います。

今年は調理実演後に
 【減塩ミルクみそ汁】
 【かぼちゃのミルクそぼろ煮】
 【さばのミルクみそ煮】
 【ちくわの乳清甘酢漬け】
 【鮭の減塩ちらし寿司】
の試食を味わって頂きましたところ「美味しい!」「牛乳の味がしない!」と皆さま舌鼓を打たれていました。


ぜひ乳和食にご家庭でチャレンジしてみて下さい!

その他にも、試食コーナーでは牛乳の試飲や手作りチーズ、カスピ海ヨーグルトが人気を博していました。



● 骨密度測定

年配の方のほうが若い人よりも骨密度が高い!?
骨密度が低いのは、血液中のカルシウム不足。骨や歯に蓄えてあるカルシウムを溶かして血液に送っています。皆様に自分の骨密度を知ってもらい、骨や歯にカルシウムを蓄える為に、健康で長生きするためにぜひ牛乳を!


● 牛乳パックの絵本作り

お子さんたちに毎年大人気のコーナー。

2本の牛乳パックを紙でつなぎ合わせることで8面(8回転する)にしてしまう不思議な牛乳パック絵本作り。8面を利用して上手に絵本のような物語を作れたかな!?


● 牛乳などの直売


永利牛乳を使って頂いているパン屋さん、カフェ、アイスクリーム屋さん、地域の農家さん、からあげ屋さん、花屋さん、地元朝倉の農産物などを直売いたしました。




改めて社員一同、御礼申し上げます。
皆様のご来場、ありがとうございました。


平成30年11月4日
永利牛乳・永利牧場 社員一同

 

【本日「永利牧場まつり2018」開催いたします】

2018年11月04日(日) 投稿者:管理者

皆様、おはようございます。


本日、永利牧場まつり2018を開催致します。


爽やかな秋晴れの一日になりそうです。
皆さまのお越しを社員一同、牧場にてお待ちしております!


2018年11月4日(日)6:00am
永利牛乳&永利牧場 社員一同