まきば便り

【記事一覧】

【毎日新聞(2013.6.7)に当社の工場・牧場・取り組み等が掲載されました】

2013年06月07日(金) 投稿者:管理者

2013年6月7日(金)付、毎日新聞(西部朝刊)22面、ふくおか探索コーナーにて
当社の製品や工場・牧場、取り組みなどが掲載されました。


毎日新聞 2013年06月07日 西部朝刊
ー以下、新聞より引用ー



ふくおか探索:牛乳にこだわり一貫出荷 筑前町・永利牧場、地元で愛される昔の味

 ◇1日3万リットル、小中200校以上に配送

 福岡にもこんな牧場があるんだ−−。福岡市中心部から車で約40分、筑前町の永利牧場に驚いた。牧場を経営する永利牛乳(太宰府市)は、牧場で育てた乳牛から生乳を搾り、自社工場へ運んで瓶詰めし、出荷する。観光牧場ならいざしらず、大規模に搾乳から牛乳出荷まで一貫して手掛ける会社は、全国でも数社ほどという。見学は無料で、地元で愛されて続けて70年余。牧場と工場を見て回り、牛乳にかける熱い思いに触れた。【野呂賢治】

 筑前町の牧場は約10ヘクタールあり、5分の4が牧草地だ。約200頭の乳牛がおり、9人の職員が住み込みで牛の世話をしている。繁殖も行っており「牛にストレスをかけないように育てている」と牧場次長の近藤博昭さん(31)が目を細めた。

 永利牧場では1日朝夕の2回、約3000リットルが搾乳される。その後、小型の自社タンクローリーで太宰府市の工場へ運ばれる。「昔はどこの牧場でも自分たちで乳を搾ってそれを瓶に詰め売っていた。そんな牛乳を今でも目指しています」。1942年に創業した故・永利嘉作さんの孫で専務の長谷川章子さん(57)は話す。

 2000年に完成した太宰府市の工場には銀色のパイプが張り巡らされ、タンクローリーで運ばれた牛乳がどのような流れで消毒され、瓶詰めされるかを順を追って見学することができる。

 製造ラインでは、きれいに洗浄、殺菌された牛乳瓶が整然とラインに乗って流れていた。ライトにあてた瓶を目視で確認。その後赤外線を使った最新鋭の機械でチェックし、異変がないか確認されたあと、空の牛乳瓶があっという間に白い牛乳で満たされていく。牛乳が注がれた直後にふたがされる様子も間近で見学できる。

 「この業界、一度の失敗が命取りですから」と社長の長谷川敏さん(58)。工場内には検査室も設け、安全管理は徹底している。1日に約3万リットルの牛乳が作られ、福岡、宮若、飯塚市などの小中学校200校以上の牛乳給食としても届けられる。

 一般的な牛乳は県の指定団体がエリアごとに酪農家を回って牛乳を集め、乳業メーカーに販売する「一元集荷多元販売」という形式で作られている。つまり、さまざまな牧場からの生乳がブレンドされている。永利牛乳でも自社牧場以外はこの形式で、全体の9割にのぼる。

 濃い割にさらっと飲める昔の牛乳の味として愛され続けている「永利牧場の牛乳」。震災原発事故後は東北、関東から「牛乳を送ってくれ」と問い合わせも殺到した。当初は輸送に時間がかかり送料が高く付くということもあったため断っていたが、大手運送業者と連携。今も継続して購買する家庭がある。

 「牧場自体は赤字。だけどここがうちの原点。ずっと続けていきたいんです」と章子さん。“こだわりの牛乳”の向こう側に思いをはせながら口にすると、心なしか、少しだけ濃く感じた。

 工場、牧場の見学の申し込みは1週間ほど前に予約が必要。問い合わせは092・922・2133。


ー以上、引用終了ー

【まきば便り - 牧場の芝桜が満開です】

2013年04月04日(木) 投稿者:管理者

最近ずいぶんと暖かくなり、山菜が食卓の話題をにぎわす時期になりました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。


一昨年、永利牧場の入り口(乳牛供養塔横)に植えた芝桜が満開になっています。
色とりどりの花がとてもきれいです。



牧場見学にお越しの際は、「牧場の春」を感じて下さい。


★永利牛乳工場・牧場見学のご質問・ご依頼はこちらから

【九州再発見巡りツアー 『筑前町に行こう!』】

2013年03月18日(月) 投稿者:管理者

2013年3月17日『ほとめき筑前 食・歴史めぐりバスツアー!』に参加された40名の方が
永利牧場にお見えになりました。
今回の企画は、牧場の地元・筑前町が、福岡近郊の都市部の方々に町の良さをたくさん知ってもらおうと催されたもので、牧場をはじめ町内の歴史旧跡等を1日で探訪するツアーです。

当日は、酪農体験(搾乳・餌やり・仔牛との触れ合い)、当社プレミア製品の『永利まきばの牛乳』の試飲、手作りチーズの試食や作り方実演、全員参加の牛乳餅作りなど、盛り沢山な内容で皆さんにも楽しんで頂けたことと思います。


乳の搾り方の説明をうけ、いざ搾乳体験!

なかなか難しかったのでしょうか。奮闘されていました!
普段めったに触ることのない乳牛の乳房や体、
そしてミルクのあたたかさに触れられ皆さん感激のご様子でした。

ヘイキューブという牧草を固めた餌を手に、初めは怖がられていた方も
慣れてくると餌やりを楽しんでおられました。
皆さん、童心に帰られたのではないでしょうか。

仔牛たちと触れ合い「本来、仔牛が飲む乳を人間が頂いている」という当社スタッフの言葉に
皆さん頷いておられました。
普段飲んでいる牛乳が、牛のお母さんが自分の仔牛のために出したお乳だと
改めて気づかされたと仰っていました。

皆さん、酪農体験をされた後の試飲試食は格別だったのではないでしょうか。

牧場ホールにて『永利まきばの牛乳』の試飲、
手作りチーズの試食や作り方実演、全員参加の牛乳餅作り・・・
味のほうはいかがだったでしょうか?
自宅でもぜひ作って頂きたいものです。


皆さん、お土産に『永利まきばの牛乳 900ml瓶』を受け取り喜んで帰路につかれました。


牧場も段々と春めいて、色とりどりの花が咲き始めとてもきれいです。
これから工場・牧場見学には、いい季節になります。

工場・牧場見学で皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

【永利牧場が 『ちくぜん食都物語』 で紹介されました】

2013年03月02日(土) 投稿者:管理者

永利牧場がある福岡県筑前町。

これからの筑前町を担う町内の小学6年生4名から牧場スタッフがインタビューされました。
筑前町発行の『ちくぜん食都物語 第6話』に紹介されていますのでぜひご覧下さい。




【永利牛乳 PR室の紹介】

2013年01月30日(水) 投稿者:管理者

永利牛乳では、個人のお客様をはじめ、小・中学生の生徒さんや先生方、
夏休みの自由研究のために参加される親子のみなさん、
大学生のための牛乳工場・牧場見学ツアーなどなど
年間を通し日々たくさんの方を工場・牧場見学に受け入れています。

先日、工場・牧場見学に来た子供たちから
『牛乳屋さん頑張ってくださいポスター』をいただきました。
牛乳屋さん、嬉しい限りです!!



当社のPR室に飾っていますので、見学にお越しの際はぜひご覧下さい。

【永利牛乳 2012年下半期 官能パネラー認定試験】

2013年01月09日(水) 投稿者:管理者

新年、明けましておめでとうございます。

まだまだ寒い日が続きますが、体調管理は大丈夫ですか。
こんな寒い時期、体に優しいホットミルクや牛乳で作る紅茶で温まってみてはいかがでしょう。


本日は、昨年末に行われた『官能パネラー認定試験』を紹介します。

前回(2012年上半期)にも詳しく説明しましたが、
永利牛乳 官能パネラー認定試験とは:

 ● 6種類の風味(甘味、塩味、旨味、苦味、酸味、無味)
 ● 牛乳の5つの異常臭や風味(加水、ランシッド、塩素臭、還元臭、無添加)
 ● 牛乳・乳飲料の計4製品の比較(自社・他社製品)

以上、15種類の風味などを正確に判別する能力を試すというものです。

これは、永利牛乳の全社員を対象とし、製品となる牛乳に異常がないか、
社員のレベル向上の一環として年2回行われているものです。


★★★2012月12月25日 官能パネラー認定者 表彰式★★★

今回は、前回よりも2名多い、11名が表彰されました。
表彰者が増えたと同時に、平均点も1.4点上がっています!

↑満点で表彰される品質管理部の社員

当社の廊下に表彰状が飾られていますので、お越しの際にはぜひご覧下さい。

【『永利牧場まつり2012』 が開催されました】

2012年11月14日(水) 投稿者:管理者

〜永利牧場まつり2012〜
2012年11月11日 福岡県筑前町 永利牧場にて


永利牧場まつりは、当社の牛乳を知ってもらうのはもちろんのこと、搾乳・哺乳体験を通じて本物の牛と触れ合い『食や命の大切さを伝えることが少しでも出来れば…』という思いから始まったイベントです。
そんな牧場まつりも、今回でなんと8回目!(工場での開催を含む)を迎えます。


数日前から当社スタッフがテルテル坊主を作り
スタッフ全員で「テルテル坊主様頼み」をしていましたが、
残念ながらその願いも届かなかったのか
この日は、前夜から続く雨の中でのスタート。

ですが、そんなお天気もどこ吹く風。
およそ600名の大勢のお客様にお越し下さいました。

永利牧場まつり2012、写真とともにご覧下さい!




〜搾乳体験〜

大きな牛を目の前に恐る恐る乳房に触れるお子さん、
母牛のおなかの下にもぐっての乳搾り体験に興奮するお子さん、
普段めったに接することない乳牛の乳房や体、そしてミルクのあたたかさに触れられ
皆さん感激の様子でした。

〜哺乳体験〜

生まれたばかりのかわいい子牛にミルクを与える哺乳体験にチャレンジ!
牧場まつりで最も人気のコーナーです。

〜重量当てクイズ〜

ヘイキューブという牧草を固めた餌を計量器に載せていき
制限時間内に決められた重さに出来ると
もれなく『永利まきばの牛乳500mlパック』が当たる毎年大好評のクイズ!

〜骨密度測定〜

毎年恒例のイベントで、これを楽しみに来られる方が大勢いらっしゃいます。
永利まきばの牛乳を飲んで、来年は骨密度が更にアップされた方々にお会い出来るのを
スタッフ一同、今から楽しみにしています!

〜官能テスト〜

これは、実際にスタッフのレベルアップのために当社が年2回実施しているもので
今回の牧場まつりに初登場しました。
皆さんには、甘味・塩味・苦味の3種類の風味に挑戦してもらいました。
お子さんの正解率が高かったのには、スタッフ一同驚きました。

実際にスタッフは、6種類(甘・塩・苦・酸・旨・無味)の風味を識別しています。
官能テストの詳細はこちら

〜握力測定〜

官能テスト同様、こちらも今回初登場のイベントです。
「筋力と骨密度には密接な関係がある」との考えのもと、
普段なかなか測定する機会のない握力測定を設けてみました。
握力が70kgを超える方もおられ、イベントブースは盛り上がりを見せていました。

〜牛乳をつかった料理、試飲・試食コーナー〜

毎年、長蛇の列をなす試食・試飲のコーナー。
クラムチャウダー、牛乳ちゃんぽん、チーズ、パン、
カスピ海ヨーグルト、プリン、生キャラメル、牛乳餅、
アールグレイミルクティー、『永利まきばの牛乳』の試飲、他

肌寒い天気の中、皆さん美味しい温かい牛乳を使った料理で温もられていました。


〜牛乳パック絵本作り教室・綿菓子〜

『牛乳パックをつかった立体絵本づくり』は子供さんたちにいつも人気!

まつり広場のほうでは、綿菓子やスーパーボールすくいも人気を呼んでいました。

〜農産物・ハチミツ・花の直売〜

『地産地消』をモットーに、牧場の近郊農家で採れた新鮮な野菜の直売ほか

はちみつや花の販売でテント内は賑わっていました。





〜Outtakes〜


今年も大勢のお客様にお越しいただき、ありがとうございました。
また来年もスタッフ一同、お待ちしております。

【永利牧場「福岡県B&Wショー」優勝&準優勝】

2012年11月08日(木) 投稿者:管理者

2012年11月3日、福岡県B&Wショー(乳牛コンテスト)にて
経産牛エクスペクト・チャンピオン・ファイナル(写真下)が 優勝
未経産牛ナガトシミルク・アレキサンドル・フィーバが準優勝する成績をおさめました。



今日まで40余年の間、季節ごとに牧草づくりに励みながら、
優良な乳牛群の改良を続けてきました。
もちろん、搾られた牛乳の品質には絶対の自信を持つべく、
最新の技術技法の導入をはかっています。

現在まで乳牛コンテストで、ジュニアチャンピオンを受賞するなど
数々の賞をいただいています。
これからも酪農家同士の連携の輪を大事にしながら西日本では珍しい、
大規模な都市近郊型酪農の姿を追い求めてゆきます。