永利牛乳株式会社

直営永利牧場

元祖・牛飼い達は

永利牛乳の創業者たちは、そもそも牛飼い(酪農家)でした。
戦前から、二日市(現在の工場用地)で乳牛を育てていましたが、都市化が進み、そこでは牧場経営が難しくなってきたため昭和40年(1965年)、現在の地に牧場だけを移転しました。
当時は原野だった土地を耕し、牛舎を建築し、牧草畑を開墾していったのです。
そこには、まるで北海道を思わせる風景が広がりました。

開設当時の写真
開設当時の写真

今日まで40余年の間、季節ごとに牧草づくりに励みながら、優良な乳牛群の改良を続けてきました。
もちろん、搾られた牛乳の品質には絶対の自信を持つべく、最新の技術技法の導入をはかっています。

写真

「2012年11月には、福岡県B&Wショー(乳牛コンテスト)では、経産牛エクスペ クト・チャンピオン・ファイナルが優勝、未経産牛ナガトシミルク・アレキサン ドル・フィーバが準優勝する成績をおさめました。」
これからも酪農家同士の連携の輪を大事にしながら西日本では珍しい、大規模な都市近郊型酪農の姿を追い求めてゆきます。

写真

牧場の畑で育てた健康な牧草を、
おなかいっぱい食べた健康な牛達がみなさんの為に
たくさんの牛乳をつくっています。

牧場概要

住 所
福岡県朝倉郡筑前町下高場1650-1
詳細地図
TEL
0946-42-2175
交通アクセス
大分自動車道筑後小郡より車で10分
牧場面積
約 10ha
乳 牛
搾乳牛100頭,育成牛等70頭
主な施設
搾乳牛用牛舎2棟,育成牛用牛舎3棟 哺乳ロボット,堆肥舎
搾乳牛用牛舎
搾乳牛用牛舎
哺乳ロボット
哺乳ロボット
堆肥舎
堆肥舎
安心の品質管理システム
賞味期限を調べよう!
調べる!
「永利牧場の牛乳」を安心して飲んでいただけるように、トレーサビリティシステムを導入し、製品の生産製造履歴を公開。

見学案内はこちらから

まきば便りはこちらから

永利牛乳株式会社 公式Facebook

会社概要 永利牛乳株式会社