まきば便り

【記事一覧】

【「永利牧場まつり2019」を開催いたしました】

2019年11月05日(火) 投稿者:管理者

皆様こんにちは。
2019年11月3日(日)に「永利牧場まつり2019」を開催いたしました。

開場して間もなく突然の通り雨に遭いましたが、すぐに晴れ間も見えだし、盛況のうちに終了いたしました。今年の牧場まつりは「原点回帰」と銘打ち、牛乳や酪農のことをもっと多くの方々に知ってもらおうと、イベント内容の見直しを図りました。


【搾乳・哺乳・仔牛とのふれあい体験】
毎年長蛇の列ができる「牛とのふれあいコーナー」では、本物の牛を目の前に、大きさに驚くお子さんや乳搾りを初めて体験したお母さん、思い思いに家族団欒の時間を過ごされていました。






【乳和食コーナー】
今回、乳和食コーナーは「乳和食が一過性のものではなく、ご家庭でもぜひ続けて召し上がっていただきたい!」との思いから、【調理実演→試食配布】とメリハリをつけ、より多くの方に「乳和食の作り方」を学んでいただけるよう工夫してみました。これまでは実演中にも試食を提供していたため、会場がザワつき講演者の声が聞きづらい時がありましたが、来場者の方より「今年は乳和食調理実演、集中して聞けました!」「家でもぜひ作ってみます!」とのうれしいお言葉を頂戴しました。
美味しい減塩料理=乳和食、ぜひご家庭でも続けて下さい♪






【牛乳・酪農クイズ】
新しいイベントとして「牛乳・酪農クイズ」を設けました。場内6か所に設置された問題を通して、「牛乳・酪農のことをもっと知ってもらおう」と試みた企画です。
普段何気なく飲んでいる牛乳が酪農家の工夫や努力によって生産されていることを少しでも多くの方に知って頂けたのならば、社員一同嬉しく思います。
また、私たち酪農業の我が国の現状についてもグラフ等で説明するコーナーを設けてみました。国際化の進展の中で、厳しい状況にある姿をご理解いただければ幸いです。




【味覚官能テスト】
牛乳は、自然の産物です。母牛がお産をして初めてお乳が搾れるようになります。牛乳の風味は、季節によっても、母牛が食べる餌によっても、環境(牧場)によっても異なります。
牛乳の風味が異なること、それは当たり前のことなのです。それを知ってもらうきっかけとなりますよう、永利牛乳の全社員が年2回受ける官能テストの簡易版を皆さまに受けてもらいました。年代的には10・20代と正解率が高く、30代以降は段々と低くなっていく傾向が見受けられました。子供たちほど官能は優れている!?


皆さんは満点とれましたか??


【outtakes】









ご来場頂いた皆さまありがとうございました。

今回は、物販コーナーや綿菓子等の“おまつり色”を敢えてなくしました。少し寂しく感じられたかもしれませんが、その分ゆったりとした時間の中で、じっくり牛たちと触れあったり、乳和食を学んだり…

“原点回帰” ― いかがだったでしょうか?


永利牧場&永利牛乳株式会社
社員一同

 

【永利牧場まつり2019開催のお知らせ】

2019年10月14日(月) 投稿者:管理者

こんにちは。
日増しに秋も深まり、朝夕は寒ささえ感じる時期となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


今年も「永利牧場まつり」開催いたします!


今年で15回目を迎える永利牧場まつり。
おかげさまで年々来場者数も増え、今までたくさんのお客様にご来場いただきました。今年は「原点回帰」をテーマに、皆様に「牛乳のこと」「酪農のこと」をもっと知ってもらおうと、イベントの内容を少し見直しました。
単なる「まつり」とは違う「食育イベント」。


▼イベント内容
 ●搾乳・哺乳・仔牛とのふれ合い体験
 ●牛乳・酪農クイズ
 ●乳和食調理実演
 ●味覚官能テスト
 ●骨密度・握力測定
 ●牛乳パック絵本作り教室
 ●牛乳・プリンの販売、他


▼日時
 2019年11月3日(日)開場9:00〜閉場14:00
 ※小雨決行(当日の朝、当社ウェブサイトにて開催の有無をお知らせします)


▼アクセス
 永利牧場 福岡県朝倉郡筑前町下高場1650-1
 カーナビ用マップコード【55 072 333*54】
 ※当日は大変混雑が予想されます。スタッフの誘導にご協力をお願いします。
 ※皆様の安全のため、牧場周辺では低速走行をお願い致します。


▼お願い・注意事項
 ●ペット連れでのご来場は、防疫上の観点から固くお断り致します。
 ●バス等、大型車両の乗り入れによる団体様は事前にお問い合わせ下さい。
  お問い合わせがない場合、当日の混雑状況により入場を制限する場合がございます。
 ●テント・サンシェードの持ち込みおよび設営はご遠慮下さい。
 ●イベントのスケジュール・内容等は、都合により変更となる場合があります。ご了承下さい。


▼お問い合わせ電話番号
永利牛乳 TEL092-922-2133 まで



今年も牧場まつりで皆様にお会い出来るのを
社員一同楽しみにしています!


 

【牛乳パックを使ったリサイクルバッグ】

2019年08月03日(土) 投稿者:管理者

こんにちは!
猛暑日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


昨日、牛乳パックを利用したリサイクルバッグ・ブックカバー・名刺入れが沖縄のLe cocon(ル・ココン)様より届きました!


丈夫そうな取っ手にバッグ両サイドの縫い。

とても丁寧に造り込まれており、素晴らしい出来栄えに社員一同ビックリしております!(欲しいです!という社員もチラホラ)

工場のPR室に展示しておりますので、見学等でお越しの際はぜひご覧下さい!


Le cocon様、送っていただきありがとうございました!


 

【「乳和食ワークショップ2019」開催しました】

2019年06月14日(金) 投稿者:管理者



皆さまこんにちは!


牧場の畑にデントコーン(牛の飼料)が随分と大きく育った2019年6月9日(日)、『小山浩子先生と一緒に!乳和食ワークショップ』が永利牧場まきばの家にて開催されました。


毎年6月の当社恒例行事となった乳和食ワークショップですが、今年で早くも5回目!福岡県内をメインに、大分県、遠くは石川県から、40名を超える皆様に参加いただきました。





リピーターの方が多いこともあり、小山先生も毎回メニューの内容には頭を悩まされるそうで「同じ内容では退屈なので、進展させていくのが大変なんです。」とおっしゃっていました。

今回はどのような内容になるのか、スタッフも楽しみです!


<<小山浩子先生>>
乳和食の開発・提唱者。

大手食品メーカー勤務を経て2003年フリーに。料理教室の講師やコーディネート、
メニュー開発、栄養コラム執筆、NHKをはじめ健康番組出演等幅広く活動。料理家としてのキャリアは20年以上。これまで指導した生徒は5万人以上に及ぶ。著作も多数あり、「目からウロコのおいしい減塩「乳和食」」(社会保険出版社)で2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門世界第2位を受賞。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピにファンも多い。
2015年1月、日本高血圧協会理事に就任。

先生のブログに早速ワークショップの投稿が!<ブログはこちらから>

<小山先生公式サイトはこちら>




「えっ!?乳和食を全て電子レンジで!?」


今回は「レシピを見ないで乳和食を作れるようになりましょう!!基本配合と調理のコツを学べばもっと楽しく、もっと美味しくなる乳和食の世界」と題し、フライパンや鍋を使わず全て電子レンジで調理するという、参加された方々はもちろんのこと我々スタッフも、新たな領域の乳和食調理に驚きを隠せませんでした。


 <<本日の調理メニュー>>
   ・ホエイとチーズ作り
   ・鮭のミルク塩麹焼き
   ・とうもろこしのすり流し汁
   ・枝豆の白和え
   ・ひき肉と卵のレンジ味噌煮
   ・進化した苺ミルク大福


レシピを見ているだけで「ワークショップだけでなくご家庭でも乳和食を続けて欲しい!しかも簡単に!」という小山先生の想いが伝わってきます。更に今回は「参加者の皆さんにより確実に乳和食を覚えてもらいたい」と先生の配慮から、1品目のデモンストレーション→調理、2品目のデモンストレーション→調理…という、交互形式でワークショップが進んでいきます。


まずは先生のデモンストレーション。
電子レンジでカッテージチーズを作ります。




実際に調理が始まります。


調理は順調に(?)進んでいきます!

枝豆の皮むきお手伝いや先生の指導を直接受けたりと皆さん一生懸命!





皆さんしっかり分量を量って調理されていたのが印象的でした。

「とうもろこしと牛乳の黄金比率がポイントです!」と先生。
絶妙な味のバランスに皆さん舌鼓を打って(!)...ならぬ、味見しておられました。

全て電子レンジを使って乳和食が出来上がっていきます!

「進化した苺ミルク大福」のデモンストレーション。
生地は下から包むのではなく重力で上から落ちてくるようにします♪と先生。




実際に皆さんも「進化した」苺ミルク大福に挑戦!

生地の厚さに違いが!?料理経験の差!?お話しを聞いてなかった差!?笑




着々とワークショップは進み、いよいよ盛り付けタイムです!
牧場の畑で採ったばかりのデントコーンの葉を皿代わりに使います☆

ミルク塩麹に漬けた鮭も焼きあがってきました〜(^^♪
自分で漬けた鮭の焼き上がり、楽しみですね!


本日の乳和食の完成です(^^♪








乳和食ワークショップいかがでしたでしょうか?
お塩や出汁の代わりに牛乳を使うことで【減塩】【カルシウムアップ】【うま味・こくアップ】
塩分過多気味になりやすい和食の弱点をプラスに変えてくれる乳和食。
ワークショップだけでなく、ぜひご家庭でも乳和食作り続けて下さいね♪

参加いただいた皆様、小山先生、他スタッフの方々、
誠にありがとうございました。

2019年6月9日
永利牛乳株式会社 社員一同



P.S. 6月の牛乳月間にちなみ、ワークショップ終了後、牛乳で乾杯しました!


【福岡市東区エムズ美和台店様の紹介】

2019年06月07日(金) 投稿者:管理者

皆さまこんにちは。

新年度が明けまして早2ヵ月が過ぎました。新一年生の皆さんも学校生活にようやく馴染んできた頃ではないでしょうか。そんな新一年生をもつ父母の方々から「子供が学校の給食で飲んでいる牛乳はどこで買えますか?」「給食の牛乳と同じものしか飲まないと子供が言うんです。」など、ありがたいお声とお問い合わせを頂戴しております。

今回は、一番多くのお問い合わせを頂いた福岡市東区にお住まいの皆様へ、美和台にあるスーパーさんをご紹介したいと思います。





【M’sエムズ美和台店】
住所:福岡市東区美和台4-8-1
電話:092-606-7817


取り扱い商品:
●永利Fミルク1000mlパック(学校給食向け)
●永利牧場まきばの牛乳500mlパック



エムズ美和台店様には5月下旬より新たにFミルクの取り扱いを開始して頂いております。

取り扱い店舗をお知りになりたい方は
★売り場紹介★(こちら)をクリック!

今後とも永利牛乳をよろしくお願い致します。


 

【世界牛乳の日まであと10日!】

2019年05月22日(水) 投稿者:管理者

みなさまこんにちは!

暑い日が続きますね。
いかがお過ごしですか?


世界牛乳の日まであと10日!

本日Jミルクの公式インスタグラムにて永利牧場のスタッフも「6月1日世界牛乳の日」へのカウントダウンに参加させていただきました!


【6月1日「世界牛乳の日」】というのをご存知でしたか?

<↑クリックするとJミルク牛乳の日・牛乳月間特設サイトへジャンプします>



6月1日は「世界牛乳の日」、そして6月は牛乳月間です!

酪農の盛んな地域では、新しい草が伸びる頃から放牧を始め、冬を牛舎で過ごした牛たちは野に放たれ躍り上がって喜び、思う存分青草を食みます。
生命力あふれるこの時期、ミルク、これをもたらす命や自然、働く人々に感謝するお祭りやお祝いが世界各地で行われます。
このことから平成13 年に国連食糧農業機関(FAO)が、6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day)」とすることを提唱しました。
日本では日本酪農乳業協会(現 Jミルク)が平成19 年に6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」と定めました。
World Milk Day では、世界各地でも様々な活動が行われています。

<Jミルクのサイトより引用>



お乳を出してくれるお母さん牛に、そして母乳を我々人間に分けてくれている仔牛に感謝しつつ、熱中症予防に牛乳を飲んでこれからの季節を乗り切りましょう!

 

【小山浩子先生と一緒に!乳和食ワークショップ開催のお知らせ】

2019年04月11日(木) 投稿者:管理者

 
健康長寿の秘訣は減塩にあり!?
美味しい減塩料理「乳和食」なら続けられる!



今年も開催いたします!
【小山浩子先生といっしょに!乳和食ワークショップ】


 [日時]2019年6月9日(日)10:00〜14:00

 [会場]永利牧場 まきばの家(福岡県朝倉郡筑前町下高場1650-1)

 [内容]減塩料理は何となく物足りない、
     調理が難しいと感じていませんか?
     牛乳を使った新しい和食の調理法「乳和食」!
     永利牧場内・日本初の乳和食レストラン「まきばの家」にて、
     乳和食の提唱者・小山浩子先生をお招きして
     ワークショップを開催します。
     18歳以上の方であればどなたでも参加できます。

 [定員]40名(先着順)18歳以上の方

 [参加費]2,000円(税込)

 [申し込み・問い合わせ]永利牛乳株式会社 ☎092-922-2133


 

【筑前町「城山マルシェ」に出店いたしました】

2018年11月19日(月) 投稿者:管理者

皆様、こんにちは!
朝晩と随分冷え込むようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?


11月18日(日)に筑前町多目的運動公園にて開催された【第4回城山マルシェ】
永利牧場 まきばの家(永利牛乳)
も出店してきました。




「永利牧場まきばの牛乳」 「まきばのプリン」を販売いたしました。




昨年、永利牧場内へと引っ越しをしてきた「カリーレストラン 春日ロッジ」さん

15種類のスパイスを加え時間をかけて作った味わい深いカレーで、皆さんの心とお腹を満たしていました。



たくさんのファーマーさんたちが新鮮な野菜や農産物を直売され、マルシェ(市場)は賑わいをみせていました。


地元JA女性部おとめ会の方が温かいうどんやおでんを販売されていました。



今回はスペシャルゲストとして「うみてらす豊前」さんもおられ、新鮮な海の幸を直売されていました。



キッズダンスショーやデコスイーツ教室も開催されていました。





シールを集めると先着250名様に平野養鶏場さんの卵(掴んだゴルフボールの数だけ!)か

永利牧場まきばの牛乳1本がプレゼントされ、マルシェはとても活気を帯びていました。